紛争の未然防止から解決まで幅広くサポートいたします。

ご相談のご予約

Column ―弁護士の眼―

Column ―弁護士の眼― 一覧 Column ―弁護士の眼― フィード

2019.11.07

相続に関する法律が改正されました⑨

 遺言には、特別な場合も含めいくつか方式が法律で決められており、それに従う必要があります。
 今回、自筆証書遺言について改正がなされ、2019年1月13日から施行されています。
 自筆証書遺言とは、遺言者が、全文、日付及び署名を自ら手書きし、印を押したものです。
 全文ですので、これまでは、財産目録も全て手書きでなければならず、パソコンで作成したものや、通帳のコピーを添付しても有効な遺言書とは認められませんでした。
 しかし、自筆証書遺言をより使いやすくすることにより、その利用を促進する目的で、本文に添える財産目録については手書きでなくても良いことになりました。但し、偽造や変造を防止する観点から、目録の各頁に署名し印を押す必要があります。    (八十島 保)
                               

2019.09.26

相続に関する法律が改正されました⑧

 前回ご説明したように、遺産分割前であっても、一定の限度で預貯金の払戻しを認める制度が設けられました。
 しかし、これでは不足する場合はどうしたら良いのでしょうか。
家事事件手続法200条3項に、遺産分割の審判または調停の申立があった場合は、家庭裁判所は一定の事情により遺産に属する預貯金債権の全部又は一部を仮に取得させることができると定めています。
 他の共同相続人の利益を害する場合は認められませんが、急迫の危険を防止するため必要があるときといった事情がなくても、払戻しが認められることになります。
 但し、これはあくまで仮に取得させるものですので、後の遺産分割には影響しません。
                         (八十島 保)
                               

2019.09.02

相続に関する法律が改正されました⑦

 最高裁の決定によりますと、葬儀費用の支払いや債務の弁済、あるいは被相続人から扶養を受けていた人の生活費のためにお金が必要であっても、遺産分割が終わるまでは、被相続人の口座から預金の払戻しをすることはできないことになります。
 そこで、これでは不都合だということで、各共同相続人は、遺産分割前であっても、裁判所の判断を経なくても、一定の範囲で預貯金の払戻しを受けられることにしました。
 一定の範囲とは、相続開始時の預貯金債権の額の3分の1に払い戻しを求める共同相続人の法定相続分を乗じた額とされてます。
 ですので、①であげた例によりますと、亡くなったご主人の奥さんが払い戻しを希望する場合、500万円×3分の1×2分の1ですので、約83万円の限度で払い戻しができることになります。
                       (八十島 保)
                         

What's New

ニュース一覧 一覧 ニュース一覧 フィード

2019.10.01

吉田玲英弁護士 退所のお知らせ

 吉田玲英弁護士が当事務所を退所し、新たな一歩を踏み出すこととなりました。約4年半に亘り、当事務所において貴重な戦力として活躍していただきましたが、より一層の活躍を期するとともに、皆様からの変わらぬご支援をお寄せくださいますよう心よりお願い申しあげます。
【新事務所】〒060-0001
      札幌市中央区北1条西9丁目3-10松﨑大通ビル9階
        クラーク法律事務所
              電 話 011-271-5951
              FAX 011-281-4105


2019.08.08

夏期休業のお知らせ

8月13日(火)・14日(水)は休業致します。

2019.04.25

ゴールデンウィークの休業について

ゴールデンウィークは、4月27日(土)から5月6日(月)まで休業いたします。

八十島法律事務所
〒060-0042
札幌市中央区大通西10丁目

周辺地図

【地下鉄】
 東西線「西11丁目駅」下車
 3番出口直結 南大通ビル9階
【市電】
「中央区役所前駅」停留所より
 徒歩約2分
●近隣に有料駐車場有り

詳細はこちら>>