Renkei日記 - 八十島法律事務所

2014-06-19 Thu

山口哲夫詩集 (小沢書店)  1988年6月20日


 山口は、昭和21年8月に新潟県で生まれ、昭和63年5月に41歳で亡くなっています。
 この人の詩は、おそろしく前衛的で、何を歌っているのかさっぱりわかりません。
 強いて言えば、戦前のダダイズム+前近代の土着性+加藤郁乎といったところでしょうか。
       「東風」から
    五月の
    七日間は
    なんとケルアックな路上だろう
 と、こんな調子が続きます。 

2014-06-19 Thu 19:30 | 古本

2014-06-19 Thu

鈴木カツ 「ディランズ・ビート」 (シンコーミュージック) 1997年7月4日


 ボブディランは、もうギターは弾けなくなっていましたが、今年北海道でもすばらしいパフォーマンスを見せてくれました。
 この本は、ラジオたんぱで94年の1月から10月まで流れていた「ボブ・ディラン・クラブ」という20分間のラジオ番組を紙上再現したものです。
 鈴木カツが司会で、毎回ゲストを呼んで、「ディランがロック」、「ディランがフォーク」、「ディランのルーツ」、「カヴァーされたディランの名曲」」というコーナーに分け、合間に貴重な録音(どこから入手できたのか不明なものも混じっています)をかけ、マニアックな話をするというものです。
 ディレクターの病気により、放送は中止されたようですが、もっと続けて欲しかったですね。

2014-06-19 Thu 19:30 | 古本

2014-06-19 Thu

金時鐘 「猪飼野詩集」 (岩波現代文庫) 2013年12月17日刊


 猪飼野とは、大阪市の一画にあり、1973年2月1日を期して地名としては消失したのですが、在日朝鮮人の方が多く住み、彼らの代名詞のような町でした。
 著者は、在日民族団体の活動家でした。朝鮮戦争時猪飼野の工場では、殺傷兵器の部品を作っていました。それは、生活のために、同族を殺す側に同族が加わることを意味していました。彼は、その仕事をやめさせる活動をしていたのですが、それは、なけなしの食い扶持を潰す側にいたということになります。
 著者は、「理念と現実との間で、私の青春は細りにほそった」と書いています。
       「見えない町」から
      なくても  ある町。
      そのままのままで
      なくなっている町
      電車はなるたけ 遠くを走り
      火葬場だけは  すぐそこに
      しつらえてある町。
      みんなが知っていて
      地図になく
      地図にないから 
      日本でなく
      日本でないから 
      消えててもよく 
      どうでもいいから
      気ままなものよ

2014-06-19 Thu 19:15 | 新刊本

2014-06-19 Thu

清水昶「暗視の中を疾走する朝」(築地文庫) 2014年5月30日刊


 オリジナルは、1965年に限定30部で発行されています。この復刻版は、原本の版下原稿そのものを使って印刷されているので、限りなく原本そのものに近い感触に仕上がっているとのことです。
 この詩集は、清水の最初期のころのもので、もし清水が生きていて、これを見たら、どう思うでしょうか。
       「ぼくのノオト」より
     だから、ぼくはセンチメンタルな革命家になって
     感性を破裂させ 燃え滅びたいのだ
 ああ、恥ずかしいと言うような気がしますね。でもここから詩人は出発したのでした。 

2014-06-19 Thu 19:00 | 新刊本

2014-04-11 Fri

高橋輝次 「書斎の宇宙」 (ちくま文庫) 2013年12月10日刊


編者は、あとがきで、「最初にどの文章に出会ったのがきっかけとなったのか、もはや憶い出せないが、これは蒐めると面白いぞ、と思いつき、」「それ以来、趣味の古本漁りのかたわら、その種の文章を見つけては入手し、長い間かかって、これらの珠玉の文章が徐々にたまっていった。」と書いています。
 内田百里痢峇」というエッセイでは、「私は若い時非常に漱石先生を崇拝したので、先生の真似をした。」とあり、漱石の書斎にあった、「箆棒に大きな机」とそっくりな机を作らせたと書いています。
 また、天野忠は、定年後初めて二畳半の書斎を持ったときの気持ちについて、「毎日この時の来るのを願ってばかりいたのだったのに、」「手も足の出ないほど何もすることがないらしいのである。」「ときどきその状態の阿呆らしさに笑えてくるときがある。」「虚しさの底のほうでニッと笑っているような腹の冷たい笑いである。これがひょっとしたら幸福という奴の別の顔であろうかと思う。」
と書いています。これは、彼の詩の世界そのものですね。

2014-04-11 Fri 20:35 | 新刊本

八十島法律事務所
〒060-0042
札幌市中央区大通西10丁目

周辺地図

●地下鉄東西線「西11丁目駅」下車
  3番出口直結 南大通ビル9階
●市電「中央区駅前」停留所より
  徒歩約2分
●近隣に有料駐車場有り

詳細はこちら>>