Renkei日記 - 八十島法律事務所

2013-04-21 Sun

田村隆一「若い荒地」 (講談社文芸文庫) 2007年2月10日刊


 この本は、間違いなく、日本の戦後詩をリードする役割を担った同人誌「荒地」のメンバーであった鮎川信夫、中桐雅夫、三好豊一郎、北村太郎、そして戦後をむかえられなかった牧野虚太郎、森川義信らの戦前から戦中にかけての活動を、田村隆一が、当時出していた「LUNA」、「LEBAL」、「詩集」といった雑誌を綿密に辿りながらまとめあげたものです。
 最初は伊達得夫の「ユリイカ」に連載し、その後「現代詩手帖」に引き継がれました。この連載は田村が37歳のときに始められ、それから44歳まで7年かけて完成しています。

2013-04-21 Sun 17:16 | 古本

2013-04-20 Sat

アンナカヴァン「アサイラム・ピース」(国書刊行会)2013年1月20日刊


 作者は、1901年4月10日フランスのカンヌ生まれということですので、梶井基次郎や小栗虫太郎と同年で、一つ下ということになると、久生十蘭、横溝正史や上林暁などがいます。
 実生活は、自殺未遂を繰り返すなど、相当過酷であったようですが、小説家としては、必ずしもマイナスではなかったと思われます。
 この作品集は、14の短編からなっていますが、晩年の芥川の作品のようです。どの作品も死と狂気と幻想に満ちており、とても面白く読めました。
 この人のほかの作品は、サンリオSF文庫などに入っているようですが、高いですねえ。

2013-04-20 Sat 17:08 | 新刊本

2013-04-19 Fri

村上春樹「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」(文藝春秋)2013年4月15日刊


まあ、その、いつものですね。なぞは解決されないし、結末も曖昧。
 でもまあ、さっくり読ませてしまう。実によく売れています。
 でも、ノーベル賞をもらうには、もう少し作りこんでもよいのではという気がしますが、余計なお世話ですね。
 決してけなしているわけではありません。尊敬しています。

2013-04-19 Fri 22:48 | 新刊本

2013-04-18 Thu

河原晉也遺稿「幽霊船長」 (文藝春秋) 1987年11月15日刊


 著者は1987年8月に44歳で急死されています。22歳のときに、鮎川信夫の知遇を得て、1986年10月に鮎川が亡くなるまで師事していた人だったようです。
 この本は、遺稿集なのですが、タイトルの幽霊船長とは、鮎川のことです。なぜこのような名前をつけたのかというと、著者は、鮎川の死後初めて家を訪れます。生前の鮎川は、その私生活については極端な秘密主義者で、親しい人にも住所はおろか、電話番号すら教えていなかったようです。その鮎川の家を訪れた著者は、腰を抜かすほど驚くことになります。なぜそうなったかは、実際に読まれたほうがよいでしょう。鮎川について、一定のイメージを持っている人ほど楽しめる内容となっています。
 このほかにも、エッセイや小説も収められていますが、どれも実にいいです。向井敏ももし生きていれば、「青べか物語」と並ぶ好著が生まれたかもしれないと書いています。
 実に残念です。

2013-04-18 Thu 22:39 | 古本

2013-04-05 Fri

大岡玲編「文芸誌『海』精選対談集」(中公文庫) 2006年10月25日刊


1969年に刊行され、1984年に休刊した文芸雑誌「海」に収録された対談から、大岡玲が厳選した10篇を収めたものです。
 内容を大きく分けると、昔話系が5編、批評系が4篇、訳が分からん系が1篇といったところです。
 昔話系では、里見が、志賀直哉との対談の中で、泉鏡花が一番はじめにもらった原稿料が、5合入りの醤油ビンだったとか、お正月には、作家は出版社に挨拶に行ったとか言っています。また埴谷雄高が、野間宏との対談の中で、武田泰淳は、行くと必ず一升びんを机の上に置いて書いていて、「酒でも飲まなかったら、恥ずかしくって書けるかい。」と言っていたことを話したあと、「この恥ずかしいということは決定的だ。生きていること自体が恥ずかしい。それがぼくたちにとって当たり前の出発点ですね。」と言っています。
 批評系では、川崎長太郎が、水上勉との対談の中で、徳田秋声の生活に追われて文学のことなんかおちおち考えている余裕がなかったという発言を紹介したあとで、もし生活の心配がなかったとしたら、果たして秋声文学が生まれたかどうか非常に疑問であると言っています。このほかにも、吉田健一について論じた、河上徹太郎と丸谷才一の対談、谷崎や三島について論じた、円地文子と中上健次の対談が収められています。
 そして、訳が分からん系というのは、土方巽と唐十郎の対談で、はたして話がかみ合っているのかどうかも分かりません。

2013-04-05 Fri 22:43 | 古本

八十島法律事務所
〒060-0042
札幌市中央区大通西10丁目

周辺地図

●地下鉄東西線「西11丁目駅」下車
  3番出口直結 南大通ビル9階
●市電「中央区駅前」停留所より
  徒歩約2分
●近隣に有料駐車場有り

詳細はこちら>>