Renkei日記 - 八十島法律事務所

2011-10-27 Thu

高橋源一郎  「一億三千万人のための小説教室」  岩波新書


 少なからぬ費用と時間を費やして小説を読むわけですが、実は、小説とは何ぞや、一体何のために読むのかと改めて問われると、即答することはなかなか難しいものです。単なる暇つぶしと言うのもなんですし。
 並み居る小説家の中でも、小説とはなんぞやという問題について意識的に文章を書いている小説家である高橋氏の小説教室です。私も250円を払って(すみません)受講してみました。
 いわく「小説は書くものじぁない、つかまえるものだ」、「世界が全く違うように見えるまで、待つ」、「小説をつかまえるためには、こっちからも歩いていかなければならない。」、「小説を、あかんぼうがははおやのしゃべることばをまねするように、まねる」。
 う〜ん。「知っている」ということと、「ほんとうに知っている」ということとはまるで違うのです。こういうことは、小説のことを「ほんとうに知っている」からこそ書けるんでしょうね。

2011-10-27 Thu 17:00 | 古本

2011-10-26 Wed

豊由美  「ニッポンの書評」  光文社新書


 「そんなに読んで、どうするの?」、「どれだけ読めば、気がすむの?」と言われている豊氏です。実作者からも、また一般人からも、さらには書評家と呼ばれている人たちからもなかなか理解されていない書評というものについて、それが何であるかということを「ネタばらし問題」やプロの書評と感想文の違いとか、新聞書評の採点、あるいは書評の書き方を通じて、解き明かそうとした本です。
 この本を読むと、世の中は、案外誤解に充ちているということがよく分かります。


2011-10-26 Wed 21:31 | 新刊本

2011-10-26 Wed

山村 修  「遅読のすすめ」  ちくま文庫


 ゆっくり読むと題したエッセイの中に、「先日、漱石の『吾輩は猫である』を読んでいると、ほとんどラストに近いあたりで、次の1行が目にふれた。呑気と見える人々も、心の底を叩いてみると、どこか悲しい音がする。この小説を読んだのは3回目である。」とあり、3度目にして初めてこの1行に気がついたとし、それまでは目には映っていたが印象をとどめなかった理由は、速く読んだからだと書いています。
 そんなことは、今まで数え切れないくらい、いやひょっとしたら、ほとんど大事なところを読み飛ばしているかもしれないと反省させられます。本を読んでなにを得るかについては、勿論集中してゆっくり読むのも大事でしょうが、読む側の体調や知識さらには関心事やその時々の感情のあり方にも大きく左右される気がします。
 それくらい本を読むことは難しいと考える今日この頃ですが、それは、何も読書に限らないことかもしれません。

2011-10-26 Wed 20:51 | 新刊本

2011-10-24 Mon

黄 瀛  「詩集 瑞枝」  ボン書店


 あのボン書店です。ボン書店出版の復刻版は何冊か持っているのですが、オリジナルのものは初めて入手しました。残念ながら箱なしでしたので、価格は求めやすかったです。某書店の目録で入手しました。
 ボン書店については、ちくま文庫に「ボン書店の幻」という本があります。私もこの本で、ボン書店のことを知りました。この本の著者は、詩歌書専門の古書店である「石神井書林」の店主である内堀弘氏です。ほとんど資料のない中、よくぞここまで書き上げたものだと思いました。文字通り身を削るようにしてこのボン書店を経営していた鳥羽茂(いかしと読むとのことです。)の生涯については、涙を禁じえません。

2011-10-24 Mon 18:09 | 古本

2011-10-05 Wed

荻原魚雷 「本と怠け者」 (ちくま文庫)


 道の中央を歩くと、まぶしくて倒れそうになるから、いつも道の端の日陰を歩いていた天野忠、二十歳を前に「もう俺は、だめなんだ」と書き、その自分の言葉にとらわれ、悪あがきすることをよしとしなかった矢牧一宏、愚直に文学と酒を愛し、華やかな才能はなかったかもしれないが、それを補って余りある意志と情熱があった十返肇、酒に溺れて、ほとんど食事をとらず、自分自身の「とりあつかい方」を誤った石原吉郎、「労働と詩は両立するのか」と自問し、「私は根本のところでしないと考えている」と答えた辻征夫、縁側の椅子に座って、ラブミー牧場をながめながら、静かに息をひきとった深沢七郎、そういえば私はどちらかというと、仕事がさし迫ってくると怠けだす傾向があると言い放った梅崎春生など、一癖も二癖もある人たちについて、ローアングルによる観察者としての目で書かれています。
 著者は、常に作品よりも作者の生き方、表現者の葛藤、ものを作るときの姿勢や心のあり方に興味があると言っております。それはおそらく、この「斜陽の時代をどう生きていけばいいのか」という問題について、ずっと真摯に考えてきたからと思われ、随所にその生真面目さが出ています。決して怠け者ではないのです。

2011-10-05 Wed 18:32 | 新刊本

八十島法律事務所
〒060-0042
札幌市中央区大通西10丁目

周辺地図

●地下鉄東西線「西11丁目駅」下車
  3番出口直結 南大通ビル9階
●市電「中央区駅前」停留所より
  徒歩約2分
●近隣に有料駐車場有り

詳細はこちら>>